訪問者に安心を与え集客に役立つ問合せフォームプラグインContact Form 7

コンタクトフォーム

本格的なアフィリエイトサイトを作る人は、サイト運営者のページを作っています。
しかし、残念ながらほとんどのアフィリエイトサイトにおいて、運営者をきちんと表示している人は少数です。

サイドバーに表示されている運営者ボタンをクリックすると、ほとんどがメールアドレスだけの表記が多いようです。

サイト作りには稼ぎの構造を意識する

あなたのアフィリエイトサイトは、どんなにサイトコンテンツが脆弱であって「なんらかの特定キーワード」や「ビッグキーワード」で突然に検索エンジンで上位表示されることもあり得ます。

時々、しょぼいサイトが上位表示されているのを見かけると、こっちはガックリきますが((汗)。まあそれはよいとして、本題です。

上位表示されているサイトをASPの担当者が見かけたら、親和性の高い広告掲載希望をオファーを送ろうとします。

ところが、サイト内で運営者の表示を探しても、どこも見当たらないとなると、オファーの出しようがありません。そのサイトを登録しているASPなら、管理画面のサイトIDなどで、連絡先はわかりますが、登録以外のASPにおいては、まったく連絡の使用がないお手上げ状態です。

これでは、せっかく高額報酬で条件のよい広告オファーを取り逃がすことになります。
特にワードプレスでアフィリエイトサイトを作っておるなら、運営者情報を兼ねたお問合せフォームを作っておきましょう。
これがアフィリエイトサイトにあるかどうか、その運営者の姿勢が評価されます。

当然、訪問したユーザーも運営者は誰だろう?ってチェックすることもあります。
運営者情報があるのと、ないのとではユーザーの評価も違ってきます。

お問合せフォームを作ってみよう

お問合せフォームはContact Form 7プラグインで簡単に作れます。

Contact Form 7プラグインを管理画面のメニュー「プラグイン」から「新規追加」を選択して、右上の検索窓に「Contact Form 7」を入力すれば、下図のようにプラグイン画面が表示される。「今すぐインストール」をクリックする。
コンタクトフォーム
自動的にインストールを開始して、インストール管理画面が(下図)が表示されるので「プラグインを有効化」をクリックする。
コンタクトフォーム
そうするとメニューに「お問い合わせ」メニューが追加されているので、「新規追加」を選択する。
コンタクトフォーム
コンタクトフォームを追加」という画面が表示されるので、タイトルを記述し、フォームタブを選択。
コンタクトフォーム
フォーム画面内にある「メッセージ本文」を「お問合せ内容」や「質問などの修正できる。この場合は「お問い合わせ内容」として保存する。
コンタクトフォーム
次に「メール」タブを開いて、送信先であるあなたのメールアドレスを入力して保存する。
コンタクトフォーム
コンタクトフォームが保存され、タイトルの下に青帯の中でコードが表示されているので、

コンタクトフォーム
これを選択して、お問い合わせフォームを設置したいページに張り付ける。
コンタクトフォーム
保存して、プレビューすれば下図のようにフォームが表示される。
コンタクトフォーム
テストにお問い合わせフォームに記入して、送信してみる。
コンタクトフォーム
正常に送信できれば、メール受信箱にテストのお問合せが届き、下図のように確認できる。
コンタクトフォーム

これで正常に、お問い合わせフォームが機能する。

サイトは大事に、愛情持って育てて行くなら、こういう面倒な作業もきちんとこなしておこう。

関連記事

  1. IZM

    マガジンサイトテーマIZM

  2. 毎日投稿が楽しくなるブログテーマTCDのOpinionでローカルメディ…

  3. reviewer

    ランキングサイトテーマReviewer

  4. TCDテーマnano

    企業の顔となるコーポレートサイトが簡単に作れるNANO

  5. CORE

    ポータルサイトテーマCORE

  6. Precious

    ECサイト向けWPテーマPrecious

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA