ワードプレス導入の準備からインストールまで

ワードプレスとは

ワードプレスとは簡単にホームページが作れるように設計された無料のオープンソースです。ワードプレスの管理画面上で高度なHTMLやスタイルシートの知識や面倒な操作を極力なくして、ホームページ全体や、ページ単位での記事投稿、画像挿入などの編集加工が容易にできます。

つまり、ワードプレスをインストールすれば、誰でもブログやホームページが作れます。
もう少し掘り下げて解説しますね。

ワードプレスとは

専門的なコードを入れずにホームページを作成できます

はてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなど一連の無料ブログの各種デザインテーマは、すべてワードプレスをカスタマイズしたものです。こうした無料ブログと同様に面倒なHTMLなどのタグを入力すせずに管理画面からテキストを書いて、必要な装飾ボタンなどを押していくだけで個別ページの編集、加工ができるのがワードプレスが世界的に普及した理由です。(下図は「はてなブログ」管理画面)
はてなブログ

こちらがワードプレスの編集画面です。だいたい同じです。
ワードプレス

ワードプレスの長所・短所

ワードプレスは取り組みやすい反面、無料のオープンソースということで、多少の長所・短所があります。ワードプレスを使用する場合、なんでもかんでも簡単にできることではありません。
ちょっとしたカスタマイズをするなら、HTMLやスタイルシートの知識が求められます。

長所

ワードプレス長所

  • 無料で使える
  • ブログ感覚で手軽にWebサイトの制作・更新ができる
  • 初心者でも多くの機能を使える
  • 無料デザインテンプレートの種類が豊富

短所

ワードプレス短所

  • 無料電話のサポートがない
  • HTMLやスタイルシートの知識がないとカスタムが難しい
  • 独自ドメインやサーバーの設定が必要
  • 集客力のあるデザインにこだわるなら、有料テーマが必要

注意
WordPreseとよく勘違いされるのが、「WordPress.com」というのがあります。こちらは、ソフトウェアをダウンロードすれば課金されるので注意してください。無料で自由にWEBサイト制作ができるのは、WordPress.orgのほうです。

WordPress導入の流れ

1WordPress導入には独自ドメインが必要

WordPressをインストールして、自分だけのWEBサイトやブログを作るには「ドメイン+サーバー(いずれも有料)」が必要になります。
wordpress.comという無料サービスがありますが、ワードプレスとはどんなものかを経験するなら、利用もおすすめしますが、こちらは何かと利用制限がついたり、提供元から広告が表示されるので使いづらいです。
ちゃんとした自分のオリジナルなサイトを作り、普通に使いたいのであれば、費用も年間で3,000円程度ですから「ドメイン+サーバー」を用意しましょう。
ドメインは自分のWEBサイトの住所のことで、サーバーはワードプレスをインストールして格納する場所です。

オリジナルドメインを取得する方法は色々ありますが、利用者が一番多いお名前.comは格安に取得できます。サーバー契約もできるので初心者にも人気があります。
弊社も数個は取得していますが、今後はサイトを増やしたいとか、多様な機能を求めるなら、次の3社のいずれかがおすすめです。

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • ヘテムル

2WordPress導入にはサーバーが必要

ワードプレスを導入して、ブログやWEBサイトを作るにはWordPressのシステムに対応したサーバーが必要になります。
そして、Wordpressに対応したレンタルサーバーと契約すれば、管理画面にある「自動インストールをする」を使えばボタン一つで、ワードプレスは簡単にインストールできます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA