• アフィリエイトサイトの作り方
  • アフィリエイトの広告案件は様々なジャンルがあり、ジャンルよってアフィリエイトサイト作りは違ってきます。初心者がサイトを作る際には注意しなければならないターゲット設定やサイトタイトルの決め方、コンテンツの書き方などを事例をもとに図解。

稼ぐアフィリエイトサイトは文字装飾や画像配置にも気を配る

アフィリエイトサイトは見栄えもよくなければ稼げないです。ユーザーにとって見栄えの良いサイト、キレイなサイト、見やすい、買いやすい・・・etc。これらをひっくるめてWebデザインといいます。

このWebデザインのことを話し出すと、キリがないというか、知識や技術を追うほど、難しくなり、アフィリエイターにとって必要のない知識まで詰め込むことになります。

要するに見栄えの良いサイト、Webデザインの凝ったサイトを持つには、それなりに知識や技術を持った人が作ったテンプレートを手に入れれば、アフィリエイト市場でも立派に戦いやすくなるということ。

実際に僕も持っているアフィリエイトサイトは、「シリウス」「クールでかっこいい」「TCD」「賢威」というように、それなりに知識や技術を持っている人が作った市販のテンプレートを買って作っています。当サイトもアフィンガーのWPテンプレートです。

こうしたほうが、無駄な時間もかからず、すぐにアフィリエイトを始めることができます。

では、これらのテンプレートを買っただけで、稼げるサイトになるのか?といえば、もう少し、努力する必要ありということになります。

それは、記事一つ書くにしても同じ文字サイズばかりで書かれた記事より、この記事のように強調したいときには「赤字」「太文字」「黄色マーカー」「下線」など記述しています。簡単に言えば、長々と読んでもらうことより、ユーザーが知りたいことを1秒でも早く知らせる」というテクニックですね。

長文ばかりの記事を何ページも作っているサイトよりも、

つまり、「アフィリエイトは読ませて稼ぐのではなくて、見せて稼ぐ」ということです。

アフィリエイトプロの視点@jiilog
1970.01.01
アフィリエイトプロの視点@jiilog
https://jiilog.com/fukugyo/writing/
初心者必見!アフィリエイト歴15年の実績で積み重ねたアフィリエイト手法を日々発信中!長期的に安定してアフィリエイトでプロの稼ぐ思考や、SEOに左右されない稼ぐサイト作りなど無料で公開しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。