モンテカルロでショッピング

日本人ガイド付きでモンテカルロのショッピングを楽しむ

モナコでショッピングする場合、ほとんどのブランドショップはフランス語が公用語と感じます。
英語がまったく通じないことではありませんが、こういう場合はフランス語が堪能な日本人ガイドを雇うべし。
でも今は自動音声翻訳機もあるから海外旅行も言葉の心配はいりませんね(笑い

モナコ旅行に心強い味方!外国語通訳はこれ1台でOK!

これ1台あればモナコ観光が満喫できますよ~!
英語や中国語はもちろん、スペイン語やドイツ語など英語の通じにくいエリアの言語にも対応。
グローバルSIM内蔵モデルなら109の国や地域に対応し、旅行先ごとに買い直したり設定を変えたりする必要がありません。
SIMは2年間使い放題で、追加費用も一切かかりません。

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBORM+7YZ6UI+46SM+60WN6″ title=”夢のAI通訳機「ポケトークW」詳細を見る” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

モナコ全体が一つの公園のようになっており、中央部にデンと構えているのが、カジノを中心に庭園が海に向って伸びています。
カジノに向って右手に「オテル・ド・パリ」その後ろには「オテル・エルミタージュ」左側に「カフド・ド・パリ」が建っています。(写真下)こうした一流ホテルの延長線にショッピング街が並んでいます。

モナコ

カジノの背後は海に面して張り出したテラスがそのまま遊歩道となっていて、コンベンションセンターの通って、僕が泊まっている「モンテカルロ・グランドホテル」の6階に直結します。(写真下)

四方八方に私達を楽しませてくれモンテカルロの景色。豪華なホテルのカフェでちょっと休んでは、散策できる遊ぶための大きな広場として、デザインされています。

世界中からリッチな人々が集まるモナコには、世界の一流ブランドのショップが勢ぞろいしています。
モナコ王朝ご用達などモナコならではの老舗もあります。

いずれのショップも、モナコという土地柄のせいか、一段と華やかな雰囲気が満ちています。
日本では味わえない優雅なショッピングを楽しまない手はありません。

モンテカルロ

カジノ広場。奥に見えるグランカジノの右手を入るとモンテカルロ通りがあります。
右に見えるのがモナコでもトップクラスのホテル・ド・パリの手前の角を入っていけばレポーザール通りです。

ブランドショップの大半がカジノ周辺に集まっています。町自体が小さいためにこうやって、カジノ周辺に集中しているのでしょうが、買い物好きな人にとっては、機能的であり歩き疲れません。

ショッピング

ほとんどのブランショップの店員さんは、宿泊先のホテルまで届けてくれるサービスもしてくれるし、ホテルのグレードにもよりますが、コンシェルジュに頼めば制服のギャルソンがショップから運んでくれます。

*ちょっと予断ですが、パリやイタリア、ニースなどの空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカードをご存知ですか?これって意外と知っているようで知らない人が多いし、今もっているJCBやVISAカードでも空港ラウンジが無料で利用できると勘違いしている人は案外多いのです。

使えても、ホノルルとか韓国というように限定しているクレジットカードが多いのです。世界中の空港ラウンジが無料で利用できるカードといえば、アメリカンエキスプレスゴールドや、ダイナースなどのように年収など審査条件が高いカードなんです。

ところが、アメックスやダイナースカードと同様に空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが付帯しているクレジットカードが登場したのです。それは楽天プレミアムカードなんです。

楽天プレミアムカードは18歳以上(学生負荷)から申込みができます。審査スピードも発行スピードも速いし、なんと言ってもポイントがドンドン貯まって、マイル交換も利用可能ですから、海外旅行に欠かせない1枚です。

楽天カードの詳細・お申込みはこちらから

緩やかな坂道になったポーザール通りか、道の片側が海に面したモンテカルロ通りを歩けば、憧れのブランドショップが軒を連ねてあなたを待っています。

ブランドショップ

買い物は非常にしやすいです、ほとんどがフランス語ですが、英語でも応対してくれますし、日本人だとわかると「こんにちわ」や「ありがとう」を言ってくれる店員さんもいます。

モナコでは、旅行者が1つの店で約175ユーロ以上の買い物をすると、約15~20%程度免税になります。ショッピングの際にお店でパスポートを提示すると、免税の書類を渡されます。

ニースからパリ経由で日本に帰国する場合はニースまたはパリの空港税関で、購入した品物を見せて必要な手続きをすると、クレジットカードで買い物をした場合は、税金分が銀行口座に振り込みとなるので便利。

モナコボザール通り

町を歩いていると、日本では日ごろ見ることができないようなスーパーカーが平然と走っています。世界でもっとも安全管理が徹底したモナコならではの風景です。

モンテカルロ

*モナコのブランドショップは基本的に日曜日・祝日は休みです。またショップによっても平日でも昼休みと言って2~3時間はクローズすることもありますので、ご注意ください。

■ホテル所在地:12.avenue des Speluges
ホームページは https://www.famimont.com/
2005年にはフェアモントホテルグループになったので、宿泊予約は下記の電話でもできるようです。

フリーダイヤル:0120-711-018必ず「モナコのフェアモントホテル」と言って、予約してくださいね。

1泊299ユーロ(ダブル1室)*料金は季節やイベントによって異なります。
(料金はインターネットで申込みした方がお得です)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。