• アフィリエイトサイトの作り方
  • アフィリエイトの広告案件は様々なジャンルがあり、ジャンルよってアフィリエイトサイト作りは違ってきます。初心者がサイトを作る際には注意しなければならないターゲット設定やサイトタイトルの決め方、コンテンツの書き方などを事例をもとに図解。
記事の書き方

検索結果に効果的な被リンク用サテライトサイトの作り方

SEO対策の一つに、自分の持ち駒にサテライトサイトをいくつ持っているか?
これも稼ぐために必要な手段であり戦略です。

今年の前半はサテライトサイト作りに励みましょう!

先日、石田塾と私塾のセミナーで東京に3日間滞在しました。

塾生から質問でいちばん多かったのはグーグル対策。

というより、いかに安定した稼ぎを生み出すサイトを作ればよいか?という質問ですね。

こちらから、色々質問していると、
やっぱり皆さん手持ちのサテライトサイトが不足だということがわかりました。

アフィリエイトサイトばかり作っても、稼げない。

これは当然ですね。

アフィリエイトサイトに、力強いパワーを供給してやる。

つまり被リンクです。

あるいは強力なパワーを持つサイト(ページランクが高くてコンテンツの充実したサイト)と被リンクを送るサテライトサイトを複数作る。

良質なサテライトサイトを何個持つか?

これは重要なテーマです。

サテライト作りは、アフィリサイト作りに比べて時間も労力もかかります。

結局はここなんです。

時間がないから作れないというように、後回しにしてしまいがち。

これを今年は改めましょう!

数年前までは、ヤフーカテゴリに登録されるサイトを作れれば、それこそ強力な被リンクサイトになっていました。
(※ヤフーカテゴリ登録は2018年に廃止になっています)

僕も複数のヤフカテ登録サイトを作っていました。
ヤフカテに登録された自分のサイトは、ヤフーから被リンクがもらえるわけですから、当然検索結果は上位表示されました。

良質なサイトから被リンクをもらうことは、今でもSEO対策として効果はあります。

しかし、以前と比べて、グーグルのアルゴリズムは進化しており、「被リンク」の在り方が疑問視されてきました。
その一つが、相互リンクとう方法ですね。

なぜ相互リンクをするのかといえば、それこそ低品質なコンテンツのサイト同士が慰め合うように被リンクを交換するわけです。
10年も前では、こうした相互リンクもそれなりの効果あったけど、今ではまったく意味も効果もありません。

そして、今度は自作自演の被リンク用サイトを作ったりしていましたが、結果的にはこれも昔話。

では、アフィリエイトで稼いでいる人は、どうやっているのか?

やっぱり今でも被リンク用のサテライトサイトを作っているわけです。
ある意味、グーグルの検索ポリシーに違反しないように注意している、ブラックハットなSEOです。

ブラックハットといえば、聞こえは悪いですが、いかに効率よく自分のアフィリエイトサイトを収益化させるかという本音に立ち返れば必要な手法だと思います。

その一つが、被リンク用のサテライトサイトを作る。
文章を書くのが苦手な人にとっては、サテライトサイトを作ることも敷居が高いわけです。

稼ぎたい気持ちに反して、サイト作りに苦労したくないという相反する考えが交錯していつまでたっても前進できない。

そんな人には、文章自動生成ツールがおすすめです。

後発組がアフィリエイトで稼ぐようになるには、文章を書けるようにならなければなりません。
文章を書くのが苦手な人は、遅かれ早かれ挫折します。
でも文章を書くのが苦手だった人でも文章自動作成ツールを使って、稼いでいる人がいるのも事実です。

こうした問題を解決する方法を下記に書いていますので参考に読んでください↓↓

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。