海洋博物館

モナコ海洋博物館・水族館の魅力~行き方

アズール・エキスプレスで市街地を観光していくと立ち寄る観光スポットに海洋博物館・水族館があります。

モナコ旅行に心強い味方!外国語通訳はこれ1台でOK!

これ1台あればモナコ観光が満喫できますよ~!
英語や中国語はもちろん、スペイン語やドイツ語など英語の通じにくいエリアの言語にも対応。
グローバルSIM内蔵モデルなら109の国や地域に対応し、旅行先ごとに買い直したり設定を変えたりする必要がありません。
SIMは2年間使い放題で、追加費用も一切かかりません。

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBORM+7YZ6UI+46SM+60WN6″ title=”夢のAI通訳機「ポケトークW」詳細を見る” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

モナコ海洋博物館のみどころ

モナコ海洋博物館は、先々代のアルベール大公一世の発案で1910年に建築されました。
大公自身が海洋学者として、自ら調査船に乗り込んで深海生物の研究に足跡を残した功績は大きく、モナコの海洋環境の保全に大公の姿勢が受け継がれています。

海洋博物館

内部の装備の素晴らしさは豪華で堅実でクラゲやタコなどの海の生き物をモチーフにしたオブジェは見もの。
由夏には海中をデザインしたと言われる美しいモザイクが敷かれ、思わず足場を外すほどもったいないと感じます。
地下には水族館もあり、単に魚を展示しているだけではなく、海水から珊瑚や微生物をそっくりそのまま生態系ごと再現しており、生きた海を見ることができる世界でも非常に珍しい水族館です。

最上階にあるテラスレストランは安くておいしく、館内食堂のレベルを超えた料理をぜひ味わってください。

住所:Musee Oceanographique et Aquarium

観覧料金は、大人10ユーロ(日本円で約1600円)・子ども6ユーロ(日本円で約800円)

AM10:00~Pm7:00(10月~3月は閉館はPm6:00)

モナコ海洋博物館・水族館ホームページ
[map addr=”Musee Oceanographique et Aquarium

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。