恋活・婚活アフィリエイト

恋活・婚活アフィリエイトで稼ぐコツ

恋活・婚活アフィリエイト(またはマッチングアフィリエイト)で稼ぐコツと恋活・婚活の広告に強いASPを紹介しています。恋活・婚活の広告は報酬単価が高いアフィリエイトジャンルなので、ターゲットの選定やSEOに強いキーワードの探し方など、管理人のアフィリエイトサイトを事例にしてわかりやすく解説しますね。

まずアフィリエイトサイト作りをするにあたり、
「恋活」を始めるターゲットと、「婚活」を始めるターゲットとが、求める期待や相手はまったく異なるので、「恋活」と「婚活」をひとまとめにしたアフィリエイトサイト作りではなかなか稼げません。
ということを頭に入れて、このページを読み進めてください。

恋活の特徴とアフィリエイトについて

恋活をするターゲットの目的とは

恋活・・・早く言えば恋人と思うのが一般的ですが、そうとも限りません。
10代、20代前半の女性はどちらかというと異性の友人という位置づけて恋活アプリなどを使います。
男性となると恋人が欲しい傾向が強いようです。

ところが、20代後半、30代の女性になると、恋活アプリへのニーズはガラッと変わって、「結婚相手」を探すことになります。
当然、同じような年代の男性も女性同様に「結婚相手」との出会いを求めて恋活アプリを利用します。

なので、若い人は、結婚したいという願望はさほど強くはなく、彼氏や彼女がいないと、仲間の話に入れないという悩みを解決する傾向。
20代後半、30代に入ってくると、「結婚相手を手っ取り早く見つけたい」ということで恋活アプリや恋活パーティーを使うということですね。

こうしたニーズを理解しておくとサイト作りのスタートで間違いがなくなります。

恋活アプリの種類とメリット・デメリット

恋活アプリ
若い世代にダントツに人気なのが恋活アプリ。
若い世代の10人に1人はオンラインから交際をスタートしていると言われており、ASPにもたくさん恋活アプリ広告はあります。
つまり恋活アプリとは、恋人を作るために開発されたツールといえましょう。
基本的には女性の登録は無料で、男性は有料というアプリが主流です。

恋活アプリと出会い系サイトとの違い

恋活アプリ 月額制で利用可能。いいね!を追加料金で購入できるが、基本的には無くならないので追加料金はない。
出会い系サイト 都度課金制が多い。いいね!やメッセージ交換をするたびに100円や200円で加算されていく。
恋活アプリのメリット
  1. 無料でアプリを使える
  2. 口下手な人やイケメンでなくても相手が見つかる確率が高い
  3. 時間がなくても相手が見つかりやすい
恋活アプリのデメリット
  1. 安全なのか?
  2. サクラばかりじゃないの?
  3. 既婚者やヤリモクの人ばかりじゃないの?

このように手軽に相手を見つけやすい反面、不安という感情も交差します。
なので、恋活アプリの広告を探す場合は、知名度の高い業者の案件を選ぶようにします。

恋活アプリの広告選びはターゲット選定と直結している

10代がよく利用する恋活アプリ、20代、30代がよく利用する恋活アプリがあるので、アフィリエイトサイトを作る際には、ターゲットと恋活アプリ広告選びにミスジャッジがないように注意してください。

成果を獲得しやすいおすすめ広告

恋活アプリ 特徴
ベアーズ マッチングサービスの最大手。真面目に結婚相手を探す30代前半が多い。
Omiai 20代~30代層が圧倒的で恋人探しの比重が大きい。
with メンタリストDaigo監修のアプリ。20代中半から30代中半層が多い。恋人探し、よければ結婚。
タップル誕生 10代~20代前半がメイン層。精神的にも子供ポイので会話ベタ。異性の友達探しにくる人が多い。
マッチ・ドットコム マジで結婚したい30代~40代が利用する

アプリ利用者の特徴としては、一つだけのアプリを使うだけでなく、平均して2つ、あるいは3つを使う人も多いです。
例えば、30代をターゲットとしたアフィリエイトサイトを作るなら、「ベアーズとomiai」の広告を選んでサイト作りをするというように。

体験レビュー形式のサイト作りがおすすめ

このようなアフィリエイトサイトを作る場合、あなたのサイトにやってきたユーザーが「共感を覚える」ような記事を書くと稼げる確率は高くなります。
それは、「あなた自身が恋活アプリを使って体験してみる」ことです。

こうしたアプリは体験してみて初めてわかることがたくさんあり、そうした経験がお宝キーワードになります。

僕の会社ではスタッフが実際に体験した「恋活アプリ」サイトを作っています。
下図はそのサイトのトップページの一部ですが、無料アプリを紹介しています。
体験したことをベースに特徴やメリットを書いています。
恋活アプリアフィリエイト事例

赤い枠のボタンはアプリを詳しく紹介する個別記事へ誘導します。
緑の枠のボタンは、無料アプリの公式サイトへ誘導しいます。

個別記事では自分が体験した特定のアプリ業者に絞ってストーリー形式にしています。
この記事の内容は「恋人がいなかった男がアプリを使って恋人ができるまでの葛藤や喜びを物語」にしています。

こうした記事にすることでサイト内の滞在時間を長くし共感を与え再訪問するための「お気に入りに(ブックマーク)」をしてくれます。
そうすることでグーグルの検索結果に怯えずに稼げるサイトが作れます。

こうしたことを念頭に入れてサイトを作る場合は基本的に次のようなことを外さないほうがいいです。

  1. 恋活アプリとは?
  2. 恋活アプリを選ぶポイント
  3. 体験談
  4. ターゲットにおすすめアプリ
  5. 各社の紹介
注意すること!

卑猥なことや下品な表現をするような記事を書いてはASPで承認されません。
サーバーによっては、サイト自体を凍結されることもあります。
当然、アドセンスと提携したくても、アダルト的な内容の記事を書いては絶対に審査通過は不可能です。

恋活アプリの広告に強いASP

アフィリエイトに人気の広告ですから、どこのASPでも提携できます。
アプリ案件はA8ネットやアフィリエイトB、アクセストレードなどにあります。
提携審査は手動承認が多いので、コンテンツが薄いペラサイトでは非承認になりやすいので、上記であげた5つのコンテンツは丁寧に作り込んでおく必要があります。

ASPは次の2社にパートナー登録しておけばいいです
アフィリエイトB(無料ブログでパートナー登録できます)
A8ネット(サイトがなくてもパートナー登録はできます)

恋活アプリでいくら稼げるか?

無料で使えるということで、承認率70%以上と高いです。
10件以上の成約が続けば特別単価もでます。
僕の会社では2社から特別単価をもらっています。

Omiai無料会員登録の通常単価は1500円です。
承認率は限りなく100%に近いので、ある意味短期間で5万円/月以上稼ぐことは可能です。

キーワードの選び方

ターゲットを決めたらサイトを作るためにサイトタイトルや記事タイトル、記事を書く時に使うキーワードを探します。
闇雲に探すのではなくて、便利なSEOツール(下図参照)などを利用しましょう。
恋活アプリキーワード選び方
例えば「恋活アプリ」と入力して検索すれば、恋活アプリに関連する複合キーワードが表示されます。
には「ヤフー知恵袋」には「教えて!Goo」には、ユーザ0が知りたい情報を見ることができます。

極端に言えば、こうした検索キーワードや知りたい情報をサイトタイトルにしたり、個別記事を書くなりしてサイトを作っていきます。

細かく言えば、ターゲットも女性にするか、男性にするか、あるいは両方まとめるかによって、サイトタイトルや記事内容も変わってきます。

婚活の特徴とアフィリエイトについて

婚活アフィリエイト
恋活と重複することはありますが、婚活の場合は、より明確に結婚相手を探したい願望が強い人がターゲットになります。
つまり結婚を真剣に考えている人、再婚相手が欲しいシニア層、シングルマザーなど特定の人が利用します。

こうした人は、自分の理想的なパートナーを見つけたいという希望が強く、出会う前に相手のプロフールを知りたい。
そして、自分の理想に近い相手ならば会ってみたいと考えています。

性格的には、慎重派で異性付き合いが苦手な人というイメージがあります。

こうした人は、出会い系アプリや、婚活パーティーよりも、結婚相談所を選ぶ傾向にあります。

結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所では、専門のコンサルタント(わかりやすくいえば仲人さんみたいな人)が、希望に沿った人を紹介してくれるシステムです。
そのため学歴や職歴など特定の条件にこだわったパートナーを高い確率で紹介してくれるメリットがあります。

デメリットとして、婚活パーティーや合コンに比べて費用が高いこと。
結婚相談所によって違いますが、登録料は月額1万円前後が多いです。
まとめて何十万円も払う必要がないので、早く成婚すれば、それだけの利用期間で支払いで済みます。
有店舗型なので自分から出向いて相談をするというように金銭面や時間的な面での心配があります。
ただし、成婚できなかった場合は全額返金制度をとっている結婚相談所もあるので、そんなに心配はないと思います。

アフィリエイトサイトの作り方ヒント

利用するターゲット心理としては、「料金の不安」「サポートの不安」「ホントに理想のパートナーを紹介してくっるのか?」「相手方の身元は大丈夫なのか?」などなど業者や相手の心配や不安が多いので、こういうところをカバーするサイトを作っていくのもいいです。

つまり、婚活アフィリエイト広告案件は、婚活する人の希望に沿った相手を紹介する結婚相談所やお見合いパーティーが成果を上げやすいです。

なので、大手の結婚相談所名などを意識した「商標ワード+口コミ(評判)」などや、相手方職業ワードでSEOをするとか、自分がバツイチなら、再婚ワードでSEOしたり、地域+年齢+性格などの複合ワードでサイトを作ってみるのもありです。

婚活アフィリエイト向けの広告

お見合いパーティー・合コン
婚活パーティー 特徴
パーティーパーティー 東証一部上場企業が運営。月間4.5万人が参加する婚活パーティー
ゼクシィ縁結びPARTY リクルートのゼクシィ縁結び。良縁に発展するケースも業界トップクラス
楽天オーネット 1年間で最大198名との出会いチャンス!専任アドバイザーがサポート
ラッシュ 東証一部上場企業IBJが運営する日本最大級の合コンセッティングサービス
有店舗の結婚相談所
結婚相談所 特徴
パートナーエージェント 成婚退会できなければ登録料が全額返金!全国25支社の専任スタッフが完全サポート
ゼクシィ結婚相談縁結びカウンター 結婚相談所の料金は高いというイメージを破壊!専任スタッフが完全サポート
楽天オーネット こっそり婚活できるから安心!業界最大の会員数を誇る楽天の「オーネット」
エン婚活 利用しやすい料金・毎月6名以上を紹介で成婚率も高い結婚相談所
結婚相談所NOZZE 再婚相手を探すならココ!シングルマザーにも利用しやすい料金設定

コレ以外に、相手の仕事や収入などにこだわった広告があります。
例えば、田舎に住みたいので田舎で働く男性を探す田舎婚、ペット好きな人を探すペット婚、医者や弁護士など高収入にこだわったセレブ婚、自衛隊にこだわった自衛隊ブライダル、ぽっちゃり女性を探すぽっちゃり婚などなど、婚活する人のニーズは多種多様なので、ニッチな条件でもマッチしやすいサイト作りができます。

広告主との提携は審査ありの手動承認です

アプリ同様に広告主との提携は審査ありの手動承認です
審査ありといっても金融系案件のようにハードルは高くないですが、サイトはきちんと作っておくべきです。
少なくとも次のようなカテゴリで1記事以上は作って提携申請してみましょう。

サイト作りの情報としては、次のようなことも記事にすれば良いと思います。

  1. 婚活に成功する人・失敗する人
  2. パートナーの見つけ方
  3. 婚活スタイルの紹介
  4. 結婚相談所のシステムや利用法
  5. 各結婚相談所の紹介

ASPは次の3社にパートナー登録しておけばいいです
ASPによっては同一の案件でも審査条件が違う場合もあります。

ASPは次の3社に登録しておけば婚活系アフィリエイトはほぼまかなえます。
アフィリエイトB(無料ブログでパートナー登録できます)
A8ネット(サイトがなくてもパートナー登録はできます)
バリューコマース(婚活に関するほとんどの広告案件が揃っています)

承認率は高い低い?

承認率はオーネットで(53%)、ゼクシィ縁結びエージェント(78%)、クラブ・マリッジ(31.03% )、誠心(33%)、エン婚活(56%)というように悪くはありません。

上記のデータはA8ネットを参考にしていますが、承認率を上げる、下げるはやっぱりアフィリエイトサイト作りにあります。
恋活・婚活アフィリエイトは参入しやすい反面、アフィリエイターのライバルも多くて競合が激しいジャンルです。

恋活も婚活もまとめた大型サイトを作るよりは、ユーザーのニーズに絞った小型のサイトを作る方が稼ぎやすです。
サイトを作る時は、まずはターゲット設定に十分な時間を懸ける、そして記事もユーザーに寄り添った情報を書く(コンテンツ)ということを意識してください。
によっては、取りこぼしも大きなジャンルです。

恋活アプリの比較(評判)や、お見合いパーティー、結婚相談所の比較(評判)は、ユーザーが最も知りたい情報なので、こうした広告案件の比較サイトで稼ぐこともできます。

ぶっちゃけいくら稼げるか?

ツボにハマれば青天井(笑)なのですが、小型サイトでまずは5万円/月を目標にして、サイトを育てて(記事を増やしていくこと)いきながら、報酬も比例して伸ばすことは可能です。
関連するキーワードで上位表示されているライバルサイトのコンテンツを参考(パクってはダメ!)にしながら、サイト作りをすることをおすすめします。

アフィリエイトで稼ぐ最大のキモは継続です。
アフィリエイターは記事を書くことが仕事になるので、記事を書くことを習慣にしましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。