• 健康・美容
  • 70歳になるシニアが経験した病気の治療、予防などで経験した健康情報。毎日を健康に過ごすために気をつけていることや失敗したことを書いています。

右ひじが痛い!上腕骨外側上顆炎の症状を自己流ストレッチで回復

10日くらい前から右ひじに痛みがあり、その痛みが続いていたので、病院で診察を受けた。
結果は上腕骨外側上顆炎と診断された。特に激しい運動なんかした覚えはないのに。

よくよく考えてみると就寝前にゴロッと横になって小説を読む習慣があるので、その際に本を持ち上げて長時間読んでいるからか、または加齢からくるカルシウム不足かと勝手に決め込んでいたが、さもあらず実は、僕の場合は長時間のパソコン作業から発症することらしい。

マウス操作により、骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎによる炎症だそうだ。
パソコン扱っているときどうしても5~6時間になるので、あるいみの金属疲労だ。ギターをバッキングしても痛くはないが、腕を伸ばしたり、ゴルフスイングのテークバックをしたときに痛い。

医者はゴルフをしばらく控えなさいと言うし、あ~来週の月曜日のゴルフコンペもエントリーも危うい。トホホホ

結局は、来週のゴルフは不参加となって、少々塞ぎ込んでおりまする~。
上腕骨外側上顆炎は通称テニス肘ともいうそうで、ネットをかぶせて湿布を貼っているけど、時間がたつとネット周辺あたりが痒くなる。
なので、湿布薬はやーめた。
ネットで調べてみると色々な治療法があるようだが。筋力も衰えているんだろうな~。

しかし、このひじ痛、ギター弾いたり、演劇したりするのは、まったく異常がないのだが、ゴルフスイングするときに痛いのがな~。
適度なストレッチを行いながら、回復させよう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。