• モナコ観光レビュー
  • モナコはシニア旅行におすすめです。モナコへ行きたくなったら、ぜひ読んで欲しいモナコ観光ガイド。モナコ観光歴も長い管理人の観光レビューです。
グレース・ケリー

グレース・ケリー公妃ゆかりのおすすめスポット(観光レビュー)

グレース・ケリーがお気に入りだった場所やグレース・ケリーを偲ぶ思い出の場所はぜひ訪れてください。

グレース・ケリー公妃ゆかりのおすすめスポット5選

日本が大好きだったグレース・ケリーの思いでを残す日本庭園

日本庭園
日本が大好きだったブレースケリーの思い出を残そうと海岸沿いにある気持ちのいい日本庭園が1994年に造成されました。
カジノからでも海岸沿いに歩いて5分くらいの所に日本庭園:池泉廻遊式庭園があります。

個人的に感動したのですが、この日本庭園を施工したのが、私の自宅からマイカーで15分くらいの所にある庭園業者(別府梢園)さんだったのはビックリもしたし誇りに思っています。
毎年別府さん自身がモナコを訪れて手入れをされているだけあって、とっても美しい、心を癒やされます。グリマルディ・フォーラムのすぐ横にあります。

Avenue prinsessw Grace

グレース・ケリーが花に囲まれ静かに眠るモナコ大聖堂

モナコ大聖堂
モナコ王宮から下へ行くと博物館の横にはモナコ王妃が眠るロマネスク・ビザンチン方式の美しい大聖堂があります。
ここは皇室の菩提寺でもあり国の信仰の拠り所でもあります。

このモナコ大聖堂は1875年に建築され、建物一面にはイタリア・トスカーナ地方の大理石を使用しているそうです。
内部の祭壇画はニースの画家ルイ・ブレアによって1500年に描かれたもので、宗教美術の歴史的傑作のひとつと言われています。

モナコ大聖堂

大聖堂への入場は無料ですので、ぜひ見学してください。
グレース王妃が眠る墓(写真下)には今でも多くの花束が絶えることはありません。
・見学は無料
・開館時間:夏(8:00~19:00)、冬(8:00~18:00)

4,nueColonel Bellando de castro

グレース公妃のバラ園(Roseraie Princesse Grace)

バラ園
バラの花をこよなく愛したグレース・ケリーは、美しいバラでモナコ国中を飾りたいと願っていたそうです。
レニエ公はグレースケリーを偲びフォンヴィィエイユ公園(モナコヘリポートの近く)の一面にバラ園を作りました。
バラ園には、グレース王妃が愛したバラが150種類、400本以上のバラが咲き誇る中にグレースケリーの像が建っています。

バラ園の近くにはサーカスフェスティバルが開催されるので子ども連れの姿が多く、いつも平和でおだやかな時間が流れています。
入場料は無料です。開園時間は日没まで

グレース公妃財団ショップ

グレース・ケリー王妃はモナコの芸術や文化、教育活動などの支援のために1964年にグレース公妃財団を設立しました。

その活動の一環として地元のアーティストを支援するために作品を販売するショップを運営。
店内には、グレース公妃ゆかりの品々をはじめモナコらしい子供用の洋服・雑貨、キッチン用品など、どれもこれも手作りのぬくもりを感じられる可愛いらしいものばかりで、お土産にぴったりです、。
グレース・ケリー財団ショップ
収益は財団の活動資金に充てられています。
●営業時間:AM10:30~Pm6:00
日曜・祝日は休み

Rue Emile de Loth

モナコ熱帯植物園

熱帯公演
ここはグレースケリーのお気に入りの眺めのいい植物園です。

モネゲッティ地区には、日当たりの良い段上になった土地に熱帯公園があります。
モナコの熱帯公園には約7000種類の亜熱帯植物が1年を通して花を咲かせています。

アップダウンのある遊歩道を歩いて行くと、この公園が高台にあることが気がつきます。
ここから見下ろすフォンヴィエイユやモンテカルロの眺めは素晴らしく、グレース王妃もお気に入りの公園だったと言われています。

この一帯はモナコでも地質的には最も古い場所で、公園内には鍾乳洞と先史人類博物館があります。

・入園料は、大人6ユーロ、子ども5.3ユーロ
・営業時間Am9:00~Pm6:00

62, boulevard do jardin exotique

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。