モナコに行くなら一度は行ってみたいグランカジノ楽しみ方

モナコにはカジノが3つありますが、モナコでカジノといえば写真にみられる「グラン・カジノ」つまりカジノ広場とテラスに挟まれた青銅色の屋根のかかった宮殿のような建物を指します。

モナコ旅行に心強い味方!外国語通訳はこれ1台でOK!

これ1台あればモナコ観光が満喫できますよ~!
英語や中国語はもちろん、スペイン語やドイツ語など英語の通じにくいエリアの言語にも対応。
グローバルSIM内蔵モデルなら109の国や地域に対応し、旅行先ごとに買い直したり設定を変えたりする必要がありません。
SIMは2年間使い放題で、追加費用も一切かかりません。

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBORM+7YZ6UI+46SM+60WN6″ title=”夢のAI通訳機「ポケトークW」詳細を見る” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

グランカジノの歴史

この建物はパリのオペラ座を設計した建築家シャルル・ガルニエによってデザインされたそうです。
オペラ座の縮小版とも言える劇場「サル・ガルニエ」が併設されています。

グランカジノの前には、日本ではなかなかお目にかかれないスーパーカーが当たり前のようにズラ~と並んでいます。
グランカジノ
カジノを愉しむ人たちがドレスアップをしながら続々とスーパーカーから降りてやってきます。
僕達も正装してカジノを愉しむことにしました。

アトリウムのあるエントランスを入ると、左手に大きなホールが連なっており、10ユーロの入場料を払って中に入ると、ルーレットやポーカーができる部屋、スロットマシーンができる部屋、そしてプライベートルームが2つあります。

プライベートルームに入るには10ユーロを追加しないとは入れませんし、ここではプライベートルームとあるだけに賭け金がとんでもない額になりますので、見学だけにしたほうがよさそうです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。