忘年会

忘年会スルーとか関係なく、僕らは忘年会で盛り上がった

正月も近い師走でありながら温暖化のせいで、師走気分もイマイチだが。その師走気分が盛り上がる行事のひとつ忘年会を、僕がお世話になっている宗像楽謡会会員が宗像市の宗像王丸・天然温泉「やまつばさ」に集合して開いた。

当日の午後は来年の課題曲を練習して、終了後はやまつばさに足を運んで、天然温泉を満喫しながら談笑。
某宴会メニュー
午後6時から忘年会場に移動して飲食・懇談も開始。

会社員のころは忘年会も楽しみな行事のひとつだったけど、最近の若い人たちは忘年会が嫌いらしい。
なので忘年会スルーなんて言葉が流行っているとか。

忘年会とは上司部下との絶好コミュニケーションの場でありながら、人生の楽しみ方にうとい上司がセクハラしたりするから、過保護で育った若者に忘年会なんか歓迎されることもないのだ。

まあ、僕らの忘年会は一人で騒いだ僕の一本締めでめでたく終了。

行きつけの居酒屋で口直し

送迎バスでJR東郷駅まで送ってもらって、JR新宮中央駅で歩きながら帰路につこうとすると、嫁はんにさそわれるままで、行きつけの居酒屋で口なおし。

魚嫌いの僕だが、ここのアラカブには必ず箸を付ける。大将が決まってこれを出してくれるんだ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。