• アフィリエイトサイトの作り方
  • アフィリエイトの広告案件は様々なジャンルがあり、ジャンルよってアフィリエイトサイト作りは違ってきます。初心者がサイトを作る際には注意しなければならないターゲット設定やサイトタイトルの決め方、コンテンツの書き方などを事例をもとに図解。

集客力の強い100記事を書く前に準備すること

アフィリエイトサイトを作るって難しい、どんなサイトを作れば稼げるのか?ある意味わがままな疑問に答えますね。
アフィリエイトで稼ぐため「100記事書き」を目標にしている人もいるでしょう。

100記事を書く上で老婆心ながらアドバイスしておくと、ただ闇雲に記事を書けばよいということではありませんよ。

アクセスを集める記事を書くために

グーグルに評価される記事を1記事、1記事と積み重ねて100記事にしたいですよね。
単純にですよ。アフィリエイト成果も何も期待せずに好きなことを書いているブログもあります。

でも意外とそんな人が書いた記事のほうが検索結果で上位表示をされているのを見たことありませんか?
商品を売るためにランキング記事や比較記事を書くのは難しいし疲れます。
ましてそんな記事を100記事も書けるかです(笑)

今年は何としても稼ごうと決めているなら、ひとつ下がってみて、あなた自身のサイト作りを見直してみるのもいい機会です。
サイトを作る目的な何なのか?
成果を出すための準備をしてから記事作成に取りかかって欲しいと思います。
簡単に100記事というけれど、何でも感でもとにかく書けばいいのなら誰でも挫折しませんね。

まず大前提として、記事を書くのが楽しくないと10記事過ぎたあたりで挫折しますよ。続かないです。
楽しくなくても苦も無く記事が書けるのか?
そのために準備が必要なんです。
それでは、成果報酬を発生させる100記事を書く前に準備することを紹介しますね。

サイトのシナリオを描いてみる

シナリオつまり脚本という意味です。

「人生が筋書き通りに人生を送る人も、いればある日を境に人生の筋書きが狂った」とか
「筋書き通り彼女をゲットした」「予想通り事は順調に進んいる」・・・etc.

このようにシナリオというキーワードは色々な場面で使われていますよね。

もっとわかりやすく言えば映画やお芝居もシナリオ通りに進めないと観客からブーイングが起こります。
僕も年に何度かお芝居で舞台に立つことはありますが、シナリオ通りに役を演じきったときの観客の反応は嬉しいです。
シナリオは劇の始まりから終わりまでの場面を順序たて、出演者のせりふ・動作などを書いたものですが、あなたが作るサイトもこうしたシナリオを描いてからサイト作成に入ると集客力の強い記事がひとつづつ書くことができます。

稼ぐことが目的のサイトは、「集客するためにシナリオつくり」が必要です。
当サイトもしかりです。当サイトはネットで稼ぎたい人を集客するのが目的です。

そのためにネットで稼ぐヒントやコツを記事にしているわけですが、その前提としてシナリオを作っています。
当サイトをお芝居に例えるなら、演目はサイトタイトル「60歳から始めたアフィリエイトで10年たった今でも毎月5万円以上稼ぐ手法と思考と、やたら長いですが(汗)。

パソコンを触ったことがない60歳のオヤジが、自由な時間とお金が欲しいために、アフィリエイトを始めた。そして今日を迎えている筋書きです。毎月5万円の報酬で生計が立つわけではないけれど、当サイトがターゲットにしているシニア層の観客を集客するために低めの金額を設定にしているわけです。

100万とか500万円稼いでいるとタイトルにしたら、初心者はビビッて、怪しいサイトだとサッサと離脱するからね。
[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”/torajii3.png” name=”虎ジィ”] アフィリエイトサイトに重要なことは「初心者」をターゲットにすることです。[/speech_bubble]

アフィリエイトをやってみよう、始めた人、なかなか成果が出ないシニア層をターゲットにするなら丁度いいタイトルかも知れない。
当サイトのターゲットは、最初の東京オリンピックが開かれた1964年に福岡県北九州市八幡西区折尾で電気店を営んでいた家の長男として7月1日に生まれた。地

元で育ち、地元の高校を出て、18歳で福岡県の小さな鉄工場に働きに出て、いつの間にか定年も近くな太郎という男性。

大学受験を控える息子が2人おり、妻は近くのホームセンターにパートに出ている設定。
妻がパートにでるのは息子たちを大学に活かせるための資金作り。

太郎もそうした中で好きなゴルフへ行く回数も減らしている。
そして来るであろう定年後の生活にお金の部分で不安を抱えている。
そのために何か副業をしたい、それもインターネットで稼げないかと情報を探している。

まあ、こん感じですね。

脚本家になってみる

何(アフィリエイト商品)を誰に(ターゲットになる主人公)、どういう手段(ランキングか比較、体験談など)で、アフィリエイトするかというシナリオを作ってみましょう。

アフィリエイトサイトにおけるシナリオを考える場合には、主人公となるターゲットを誰にするかをまず決めます。
映画やドラマでも主人公は一人しかいませんから、サイトも一人のターゲットに絞ります。
極論すれば、アフィリエイトする商品1つに絞るか、このメイン商品を売るためにライバル商品と引き出すこともあり。

子どもがいる家庭にウォーターサーバーを売る場合は、購入決定権を持つお母さんをターゲットにします。
そのお母さんの名前、生年月日、血液型、幼少年、青春時代、就職、結婚、妊娠、出産、育児、子育て、趣味、家族のこと、昔の体型と今の体型、将来などについて、生まれた時の境遇から現在に至るまでをシナリオをワードやテキストエディタに書き起こしてみてください。

主人公はあなた自身でもいいし、まったくの架空人物でもいいです、結構、楽しいですよ。

赤ちゃんをターゲットにしては記事内容が赤ちゃんの病気のことやミルク作りのことを書いて、ウォータサーバーを比較する記事を書いているサイトも見かけます。
成果が出ればそれでもいいですが、ライバルに勝ち、安定して稼ぐことを基本とするなら、グーグルから評価される高品質のシナリオ記事を書くことを最優先します。

どこにでもある、赤ちゃんの健康やミルク作りの記事+ウォーターサーバー各社の紹介記事を書いたところで、もうキーワードがゴチャゴチャで決して品質のよい記事が書けません。
他人のサイトから記事をコピペやリライトしたところで結果は見えています。
品質がよい記事と言うのは「商品を売るための筋書きがあり、そこに物語があるオリジナル」です。

商品を売るための記事書きは疲れる

商品を売るためにランキング記事や比較記事を書くのは難しいし疲れます。
ましてそんな記事を100記事も書けるかです(笑)

アフィリエイトプロの視点@jiilog
1970.01.01
アフィリエイトプロの視点@jiilog
https://jiilog.com/fukugyo/writing/
初心者必見!アフィリエイト歴15年の実績で積み重ねたアフィリエイト手法を日々発信中!長期的に安定してアフィリエイトでプロの稼ぐ思考や、SEOに左右されない稼ぐサイト作りなど無料で公開しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。